私がFX初心者だった頃、レバレッジを高くしてしまい、大損をしたことがあります。

初心者だった頃の私は、損失を出すのが怖くて、低レバレッジで取引をしていたんです。
取引の経験が少なかったから、少しずつ学んでいこうとしてたんですよ。

でも、私が取引を始めた頃は、丁度良いタイミングだったみたいで、最初に結構儲けることができたんです。

そのときの私は、「こんなに簡単に儲かるものなのだ」と驚きましたね。

何事でもそうですが、始めにうまくいくと、なめてしまって調子に乗ってしまうものです。

私もFXをなめてしまい、「低レバレッジでこれだけ儲かるなら、レバレッジを高くすればもっと儲かる」と思ったんです。

それでレバレッジを高くして、取引をしたんです。
結果はご想像通り、散々なものでした。

取引を始めてから儲けた分をあっという間に吐き出し、逆にマイナスになってしまいましたね。

そのとき学んだのは、やはり調子に乗ってはダメだと言うことです。

ビギナーズラックを過信して調子に乗ると、必ず痛い目を見てしまいます。

私は、初心者だった頃の失敗を忘れず、今では低レバレッジでしか取引していません。

低レバレッジなら、大きく儲けることはできませんが、大損することもありません。

この取引スタイルなら、それほど儲けてはいませんが、安定して儲けられるので満足です。
FXの取引スタイルは、人それぞれです。

儲けを大きくすることは大切ですが、安全に取引することも大切ですよ。