FXで大きな利益を上げているひともいれば、こんなはずではなかったと思っている人も多いと思います。

実は、私もそんなこんなはずではなかったという大多数に非常に近いところにいます。

今でこそわずかばかりの利益を上げることができるようになりましたが、コテンパンにやられたことが何度もあるんです。

ですが、不思議とこれで辞めようという気持ちにはなりませんでした。

根がしつこい性格なのかもしれません。
ですが、それが大事なのではないかと今では思っています。

口座開設をして、サービスの申し込みをすることで、誰でも儲けを出すチャンスがあるのが、FXです。

FXの場合、少額からでもはじめることができるので、意外と身の回りにいる主婦の方やサラリーマン、OLの方なども参加している方がおられます。資金が少ないFX初心者でも稼げるやり方はあるのかもしれません。

もちろん、リスクもあるので、損失が出てしまう可能性はありますし、なかなか利益が出ないこともあります。

簡単に取引を開始することはできますが、プロでも予測は難しいと言われているので、自己責任で、チャレンジする必要があります。

取引にリスクはありますが、それでも大きなチャンスもたくさんあります。

FXで儲けたいと思っているのになかなか成果が上げられないという人がいるかと思います。

かくいう自分もFXを始めたばかりのときにはなかなか成果を上げられませんでした。

利益を確定して調子にのっていたらその後で大負けしてしまい、全ての利益がふっとんだなんていうことはよくあることです。

そこで、自分が思ったのは辛抱づよくなることです。

値というのは必ず戻ります。

ほんの数年前まで円は一ドル70円台でしたよね。

一時は60円台も突入かとすら言われていました。

FXはレバレッジが効くために大儲けしやすいと考えられている点がありますが、レバレッジを利かせるということは同時に損失も大きくなるので強くはお勧めできません。

相場は勝者が1割、残り9割は負けると言われています。

こういう話を聞くとやっぱりFXはやめておこうかと考えてしまうと思いますが、私も為替投資をしていますが、決して欲張らずに少額ずつでも利益を積み重ねようと考えるほうがうまくいきます。

ただし、利小損大にならないように気をつけないと損失が膨らむ形になるので、そういう点では注意が必要です。

私がFX初心者だった頃、レバレッジを高くしてしまい、大損をしたことがあります。

初心者だった頃の私は、損失を出すのが怖くて、低レバレッジで取引をしていたんです。
取引の経験が少なかったから、少しずつ学んでいこうとしてたんですよ。

でも、私が取引を始めた頃は、丁度良いタイミングだったみたいで、最初に結構儲けることができたんです。

そのときの私は、「こんなに簡単に儲かるものなのだ」と驚きましたね。

何事でもそうですが、始めにうまくいくと、なめてしまって調子に乗ってしまうものです。